インタビュー

サンプラントは、社員の定着率が高いのが特徴。
勤続10年の人は当たり前。30年以上の人もたくさんいます。10年目の僕もまだ新人のようなもの(笑)。
といっても年功序列で堅苦しいかというと、そうではなく、学閥もなければ、社歴や年齢で人を評価することもありません。
いい仕事をすれば評価される、いい意味で「実力主義」の会社です。雰囲気もとてもよくて、今の時代には、珍しいくらいの家族的な風土。
仕事もプライベートも分け隔てなく、よくゴルフに出かけたり、またサッカーや野球のサークルなどを通して遊んでいます。

前職は、空調関係の設備施工管理。
「もっと大きな舞台で自分を試してみたい」と思い転職を志しました。
空調と一口にいっても、施設の用途や規模によって大きく異なります。その点、サンプラントには、工場、研究所、医療機関、さらに米軍施設、商業施設など、満遍なく携われることができます。
先輩達も惜しみなく、その知識・技術を授けてくれるし、会社も社歴・年齢に関係なく、どんどん責任ある仕事を任せてくれます。
入社して20年。大手企業にもひけをとらない、
高い技術力を積むことができたと思います。

設立70年以上の歴史のある会社ですが、今後ももっと成長できる会社だと思っています。
そのためにも、若い人をどんどん育てていくこと、それが私達の世代の責任だと考えています。
すぐに結果を求めるようなことはしません。一人立ちは早くても5年ぐらいまずは先輩と一緒に現場へ配属。マンツーマンで指導していきます。現場によって、知識・スキルにばらつきが出ないよう、勉強会、講習会、資格取得支援制度などバックアップ体制を充実させていくつもりです。
設立100年を迎える2041年。
ぜひ、その時の会社を支えるコアメンバーへと成長して下さい。